「 月別アーカイブ:2022年12月 」 一覧

Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

2022年最後のレンズがコレ、 Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N です。 「Fマウント最高峰レンズのひとつ。」 と言われています。 何処を読んでも、悪い事が書か …

ニコン D780 +幻の神レンズ 真骨頂を発揮?

ニコン D780 +幻の神レンズ 真骨頂を発揮?

2022/12/24   -観光, 雨にも負けず

今回は先回の続き、郡上八幡の第二部(Teil 2)です。 今週は気合を入れて、木曜日から書き始めました。 これで完結できる? それは読んでのお楽しみ。 ニコン D780 +幻の神レンズ 真骨頂を発揮? …

ガス・電気価格ブレーキ法 国会で可決される!

ガス・電気価格ブレーキ法 国会で可決される!

2022年12月16日、今年最後の国会で 「ガス・電気価格ブレーキ法案」 が”Bundesrat”(上院)で可決された。 これで2023年3月からガス・電気価格ブレーキ法が施行 …

消化できなかった有給休暇 消滅するの?

消化できなかった有給休暇 消滅するの?

ドイツ人が三度の飯よりも好きなのは、 “Urlaub”(有給休暇) です。 ドイツではその有給休暇は日本のように 「あっても取れない物。」 ではなく、本当に全部消化できます。 …

郡上八幡を D780 & 幻の神レンズで撮る!【Teil 1】

郡上八幡を D780 & 幻の神レンズで撮る!【Teil 1】

2022/12/17   -観光, 雨にも負けず

新しく購入したカメラとレンズの性能を試したい! でも名古屋の街は殺風景。 そこでカメラとレンズ性能を試す場に、郡上八幡を選択。 果たして幻の神レンズとD780の 「黄金コンビ」 で撮った写真の出来栄え …

帝国主義者 国家転覆を図る!?

2022/12/13   -ドイツの最新情報

クリスマス前の12月9日、ドイツ全土で国家転覆を計画していた帝国主義者の一斉摘発が行われた。 正確に言えばオーストリアやイタリアでも摘発が行われたので、 「欧州全土」 で帝国主義者の摘発が行われた。 …

ニコンD780 今更買う価値あるの?

ニコンD780 今更買う価値あるの?

今更ながら、ニコンD780買いました。 ほぼ3年前に販売された当時、 「今更、DSL(一眼カメラ)を出すのはニコンだけ。」 と笑われたカメラを、3年も経ってから。 なんで? ニコンD780 購入動機 …

Adler Group 粉飾決算疑惑 第二のワイヤーカードか?

Adler Group 粉飾決算疑惑 第二のワイヤーカードか?

1990年代、日本はバブル経済のど真ん中。 不動産会社が所有者から買ったばかりの土地を開発業者に横渡しするだけで 「価格が2倍、3倍は当たり前!」 という非常識が日常茶飯事。 それに 「少しだけ近い」 …

幻の神レンズ Tamron 17-35mm f/2.8-4 di osd

幻の神レンズ Tamron 17-35mm f/2.8-4 di osd

風景の撮影に欠かせない広角レンズ。 なんで? 広角レンズなら、綺麗な街並みを一枚の写真に収めることができます。 とりわけ狭い街中では必修。 これまで私が愛用してきたのは、ニコンの広角レンズ。 そこそこ …

アーカイブ