ドイツの最新情報 ドイツの経済

ダイムラー 電気自動車バッテリー同盟 ACCに加わる!

投稿日:

ダイムラー 電気自動車バッテリー同盟 ACCに加わる!

日本を除く主要な車市場では、電気自動車の覇権争いが始まっている。

ドイツでいち早く電気自動車に

「シフトチェンジ」

したのは、フォルクスヴァーゲン(以下VWと略)だった。

一番消極的だったのはダイムラーで、譲歩に譲歩を重ねて生産した最初の電気自動車

“EQC”

は見事なフロップで終わった。

VWに大きな差を開けられたダイムラー、一発逆転を目論んで、

「電気自動車バッテリー同盟 ACCに加わる。」

と声明を出した。

株価は大きく跳ね上がったが、これには大きなリスクを含んでいる。

第三の波 電気自動車

大衆車メーカーとして真っ先に

「第三の波」

を正しく読んだのは、中国の電気自動車メーカーBYDだった。

ドイツの車メーカーはデイーゼルエンジンに固執、

「電気自動車の波」

を乗り損ねる寸前だった。

幸いにも

「VWのデイーゼル スキャンダル」

が発生、頬を思いっきりぶたれて、目が覚めた。

VWは真っ先に電気自動車攻勢に舵を切った。

バッテリーの調達問題

VWは電気自動車の

“Batterie-Zelle”

すなわちバッテリーを、自社生産することにした。

VWは製造台数が多いので、中国や韓国メーカーからの輸入に頼っては、

「必要な数のバッテリーが調達できない。」

恐れがあったから、当然の結論だった。

どころがダイムラーは

「バッテリーの自社生産はしない。」

と決定、中国や韓国メーカーからの輸入に頼ることにした。

ところが韓国や中国製のバッテリーでは、

「ダイムラーが要求する性能」

を出せないことが分かった。

ダイムラー 電気自動車バッテリー同盟 ACCに加わる!

大金を浪費した挙句、ダイムラーは

「バッテリーの自社生産は回避できない。」

と悟った。

今、車業界を悩ましてる半導体不足が、将来はバッテリー不足にとってかわることは楽に予想できたからだ。

しかしダイムラーには、バッテリーを自社生産するノウハウがない。

そこでVWがスウェーデンのノースヴォルト社の助けを借りたように、電気自動車バッテリー同盟ACCに加わることにした。

ACC とは?

Automotive Cells Company(自動車セル会社)、略してACCである。

ACCはフランスの石油(販売)会社のTotalと、自動車メーカーアライアンスの”Stellantis”が共同出資して作った会社だ。

参照 : ACC

 

EUの、

「アジアのメーカーに負けないヨーロッパチャンピオンを育てる。」

目的で創設された電気自動車基金の助成金をあてに、2020年6月に創設された。

2030年には

「100万台のバッテリーを製造する。」

目標を挙げている。

第三のパートナー ダイムラー

このACCに、ダイムラーが第三のパートナーとして加わることになった。

ACCはこの

「プレミアムメンバー」

を両手を広げて迎え入れた。

ダイムラーは子会社を通じて、ACCの株式の1/3を取得。

取り締まり役員の議席の1/3を、ダイムラーから派遣されるメンバーが占めることになった。

ちなみダイムラーは今後も、韓国、及び中国メーカーからバッテリーの供給を受ける。

「2030年からは製造される自動車はすべて電気自動車」

と謳っているので、必要な量のバッテリーを確保するには外部からの供給は欠かせない。

株式市場はダイムラーがACC同盟に加わる事を歓迎、株価は大きく上昇した。

しかしこの決定は

「ダイムラーの自殺点」

になりかねないリスクを含んでいる。

ダイムラーの決断が含むリスク

これまでダイムラーは、BMWとパートナーシップを組む事が多かった。

同じ高級車なので客層がほぼ同じ、求められる車や部品の性能もほぼ同じだった。

しかし今回、ダイムラーが選んだパートナーはステランテイス。

あの万年赤字のオペルを、わずか1年で黒字に転換させた敏腕ポルトガル人が指揮を執る会社だ。

その方法は有無を言わせないコストカット。

バッテリー製造でも同じ方法で取り組むだろう。

一方ダイムラーは、

「何処よりも優れた性能」

を要求するメーカーだ。

どうやって大衆車の車メーカー向けの製造ラインから、優れた性能を持ったバッテリーを製造するのか、大きな疑問が残る。

ACCのバッテリー製造能力

問題はそれだけにとどまらない。

バッテリー同盟 ACCでバッテリーの開発を担当しているのは、大手石油販売会社のTotalが創設したバッテリー部門。

同社は中国や韓国のバッテリーメーカーと異なり、これまでバッテリーを大量生産した経験がない。

研究室での理想的な環境で、電気自動車用のバッテリーを製造したに過ぎない。

加えて、

  • 95%リサイクルが可能なバッテリーを製造する
  • バッテリー製造にはグリーンな電気だけ使用する

というすでに確立したバッテリーメーカーよりも高い目標を掲げている。

ACCは最初のバッテリーの大量生産を

「2023年中に開始する。」

という。

研究室で成功した製品が、そのまま工場での大量生産に転換できることは、まずない。

大きなトラブルに見舞われることは、間違いない。

さらにACCはダイムラーとステランテイス向けに、異なる能力のバッテリーを製造しなければならない。

VWがノースヴォルトと組んだように、すでに大量生産の経験のあるメーカーと組むなら、問題は少ない。

ノウハウの少ないACCと組むことには、大きなリスクを含んでいる。

ダイムラーの社長はそんな懸念には興味がないようで、

「ACCでバッテリー製造のチャンピオンになる。」

と豪語している。

参照 : handelsblatt

 

本当に2023年に大量生産が始まり、ダイムラーの自動車に、

「自社生産したバッテリー」

が搭載されれば、社長の大きな手柄となるだろう。

そうでない場合、ただでも電気自動車競走に出遅れたダイムラーはライバルに大きな差を開けられてしまうだろう。

-ドイツの最新情報, ドイツの経済

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

ドイツの環境保護政策 - 二酸化炭素税

ドイツの環境保護政策 – 二酸化炭素税

ドイツ(欧州)では、ニュースのトップメニューから消えることがない3つのテーマがある。どんなテーマか想像がつくだろうか。それは、 環境保護政策 難民問題 イギリスの脱EU の3っだ。 どのテーマをとって …

デイーゼルエンジンの終焉近し?- 行政裁判所の判決 | Pfadfinder24

デイーゼルエンジンの終焉近し?- 行政裁判所の判決

デイーゼルエンジンの終焉近し? デイーゼル車市内乗り入れ禁止令 よりによってダイムラーベンツのお膝元のシュトゥトゥガルトで、市議会が全国の先陣を切って古いデイーゼル車の市内乗り入れ禁止令を決議した。 …

ドイツ下院選挙 【2017年】 - 大敗を喫した二大政党

ドイツ下院選挙 【2017年】 – 大敗を喫した二大政党

総選挙で大敗を喫したSPD党首 シュルツ氏 2017年9月24日、ドイツで下院の選挙があった。 日本でも報道されてはいたが、事実とはかけ離れた報道がされていた。 毎回このような勘違いの報道を見る度に、 …

日本と違う! ドイツのコロナウイルス対策

日本と違う! ドイツのコロナウイルス対策

ドイツのコロナウイルス対策 は、日本の対策と根本から異なります。ドイツでは過去の経験から、ウイルスの蔓延に対するマスタープランが出来上がっています。事態が発生するとこれを発動する準備万端型。 日本は良 …

EU委員会大統領を巡る争い - フォン デア ライン女史 背水の陣

EU委員会大統領を巡る争い – フォン デア ライン女史 背水の陣

EU議会選挙が終わって1か月以上経つが、未だに主要人事が決まっていない。大阪にてG20で会合した際も、EU諸国は安倍首相から邪魔をされない限り、共通の路線/候補について話し合いを続けた。ここで多少の前 …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう