ドイツの政治 ドイツの最新情報

Ringtausch ドイツ政府の大嘘にポーランド激怒!!

投稿日:

Ringtausch ドイツ政府の大嘘にポーランド激怒!!

ロシア軍の圧倒的な

  • 兵力
  • 兵器
  • 物量

にも関わらず、その攻撃に150日を超えても抵抗をし続けるウクライナ軍。

当初は、

「兵器は提供しません。」

と言っていたドイツ政府、国際的な孤立を恐れて方向転換。

が、未だに重火器の提供を渋っている。

そこで国際的な非難を交わすためにドイツ政府が考えたのが、

“Ringtausch”

である。

四面楚歌の社会民主党

今、政権にある社会民主党(SPD)はソビエトの時代から、ロシアとの関係が深い。

戦争中、ナチスに追われた(故)ブラント首相は、ソビエトに逃亡。

その後、秘書がスパイだったことがバレて、辞任。

(前々)シュレーダー首相は、ガスプロムの親会社の取締役員だ。

氏はロシアがウクライナに侵攻しても、

「ウクライナの挑発が原因だ。」

とプーチンの声を代弁している。

現、ショルツ首相は(控え目な表現で)慎重派。

ウクライナ侵攻 & 住民虐殺という戦争犯罪を見ても、ロシアとの友好な関係を維持したいと考えている。

 

しかしEU内からは、

「ドイツはもっとも真面目にウクライナを支援すべきだ。」

と言われている。

おまけに連立政権のパートナー

  • 緑の党
  • FDP

は、ウクライナへの直接の重火器の提供を要求している。

皆まで言えば、保守派の野党CDU/CSUは、当初から重火器の提供を要求してきた。

すなわち!

ドイツ国内で、ウクライナへの火器提供を渋っているのは

  • 左派政党
  • 社会民主党
  • 極右党

だけ。

政権にある政党が、左翼や右翼と同じなのだ。

おまけに社会民主党の内部にも、ウクライナへの重火器の提供を擁護する議員もいる。

まさにショルツ首相は、四面楚歌の状態にある。

そこで考え出されたのが”Ringtaush”である。

Ringtaushとは?

Ringtaushとは?

ショルツ首相は、

「何処の国もウクライナに重火器を提供していない。だからドイツが真っ先に重火器を提供することはない。」

と言い訳をしてきた。

米国や英国は勿論、チェコ、ポーランド、スロバキア、リトアニアなど、各国が重火器を提供しているのに、

「国民は馬鹿だから、嘘を言ってもわかりやしないだろう。」

という首相の態度には毎回、あきれ返る。

この嘘が使い古されると、

「最新の火器を送っても、使えないから送らない。」

と言い訳。

が米国、英国が最新鋭の重火器に加えて、ウクライナ兵の訓練を始めると、この嘘も使えなくなってきた。

が、やはりウクライナに重火器を提供して、ロシアを害することは避けたい。

そこで誰かが首相に、

「旧ソビエト圏の国に重火器を提供するように、誘ってはどうだろうか。」

と入れ知恵した。

餌はドイツ製の装甲車と戦車。

すなわち!

旧共産圏の国々が装甲車や戦車をウクライナに提供すれば、その代償としてドイツ製の装甲車と戦車が無償でもらえる!

 

というわけだ。

この方法ならウクライナに重火器を提供するのは、旧共産圏の国々。

だから、

「ドイツは直接、重火器を提供していません。」

と言い続けることができ、ロシアとの友好関係も持続させることができる。

ドイツ政府の大嘘にポーランド激怒!!

このドイツ政府の宣伝を信じて、旧共産圏の国々はウクライナに装甲車や戦車を提供した。

典型的な例が、ポーランド。

200両を超える装甲車や戦車をウクライナに提供した。

そこでドイツ政府に

「約束された装甲車や戦車を頂戴。」

を要請するとドイツ政府は、

「何の話ですか。」

とやった。

西側の政府が、これだけ堂々と嘘をつくのは実に珍しい。

ポーランド政府は激怒して、

「ドイツの嘘つき!」

と非難した。

 

この非難に気分を害した外務大臣、

「装甲車や戦車はクリックすれば、翌日に届くものではない。」

とドイツ政府の態度を正当化した。

 

日本なら、

「これにて一件落着!」

コマーシャルが流れて終わり。

首相にたてつく政治家は居ない。

ここから先がドイツと日本の政治の違い(のいい所)だ。

FDP Strack-Zimmermann女史

今、政権にある金持ちだけを優遇する正当、FDPは個人的には大嫌い。

本来ならお金持ちだけを支持基盤とする政党は、選挙で負ける。

何処の国でもお金持ちは少数派で、貧しい人の方がはるかに多いからだ。

ところが収入が少ない人ほど、選挙に行かない傾向がある。

 

私の周囲を見ても、

「お給料が少なくて、生活が大変。」

という人ほど、選挙に行かない。

逆に、収入が高くなるほど選挙に行く。

だからFDPのような政党が、存続できている。

普段なら見向きもしない政党だが、古参党員に

“Strack-Zimmermann”

という政治家がいる。

 

国防委員会に座っている国防(軍事)の専門家だ。

が、ロシアによるウクライナ侵攻前まで、誰も知らなかった。

が、プーチンの戦争で一躍注目を浴びている。

質問
なんで?

 

ショルツ首相が怒るのを承知で、

「ウクライナに重火器を提供せよ!」

と声高に主張してるいからだ。

ドイツの政治家としてキエフを最初に訪問したのも女史だ。

ゼレンスキー大統領に何か約束をしてきたのか、それは知る由ないが、帰国以来、

「ウクライナに重火器を!」

と主張して、首相を怒らせない日がない。

日本で言えば、自民党の影で議席を伸ばしている公明党が、岸田首相の政策を毎日、メデイアに向けて非難するようなもの。

日本ではあり得ない光景だ。

しかし、”Strack-Zimmermann女史がまたしても正しいことが証明された。

毎月1台提供?

メデイアからの非難にさらされたドイツ政府は、公式なコメントを出した。

それは、

2023年4月から、毎月1台の戦車をポーランドに提供する。

 

という人をおちょくっている内容だった。

先回はドイツ政府の態度を正当化した外務大臣さえ、

「”Ringtausch”はうまく行かないかも?」

と、やっと事実を見た。

 

外務大臣が意見を変えるまで、2か月もかかった。

2か月前にドイツ政府が直接、ウクライナに戦車を提供していれば、ドンバス地方であれだけ多くの戦死者を出す事もなかったろう。

緑の党もやっと、

「直接、ウクライナに戦車を提供することも考えるべき。」

と言いだした。

“Strack-Zimmermann女史が、数ケ月前から主張していた通りだ。

あるドイツの政治家が

「危機が起きた時に初めて、政治家の真価がわかる。」

と言い残した。

ドイツは日本と同じく、平和ボケ。

そんな中では一向に注目を浴びることがなかった政治家が、危機になっていきなり頭角を現すようになるのは、非常に興味深い。

-ドイツの政治, ドイツの最新情報

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

デイーゼルエンジンの終焉近し?- 行政裁判所の判決 | Pfadfinder24

デイーゼルエンジンの終焉近し?- 行政裁判所の判決

デイーゼルエンジンの終焉近し? デイーゼル車市内乗り入れ禁止令 よりによってダイムラーベンツのお膝元のシュトゥトゥガルトで、市議会が全国の先陣を切って古いデイーゼル車の市内乗り入れ禁止令を決議した。 …

ドイツ新政府 防疫法を改定 第四波は抑え込めるのか?

ドイツ新政府 防疫法を改定 第四波は抑え込めるのか?

ドイツでは日々、過去最悪のコロナ感染率を記録している。 この記事を書いている時点での、人口10万人に占める感染率は372。 9月は30台だったので、二カ月で文字通り10倍になった。 隣国オーストリアで …

車メーカー 三つ巴の談合密告合戦

車メーカー 三つ巴の談合密告合戦 一番乗りは誰?

トラック業界に続き、自動車業界も談合? トラック談合 – ダイムラーの誓い 2016年、EU委員会はトラックメーカーが90年代から値段を談合、客に高い値段でトラックを購入させたとしてトラッ …

MK556 ドイツ軍の新しい標準突撃銃決定!

MK556 ドイツ軍の新しい標準突撃銃決定!

MK556 ドイツ軍の新しい標準突撃銃決定! 2015年、ドイツ軍の標準装備の突撃銃 G36 が、 「的に当たらない。」 という疑惑が持ち上がった。当時の国防大臣は事態を大真面目に取り調査員会を設置。 …

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か? ドイツ第二の規模を誇る(格安)航空会社 エア ベルリンの倒産がますます近づいてきた。 もう語られることはないだろうから、エア ベルリンの歴史を振り返ってから、現 …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう