ドイツの最新情報 ドイツの経済

ルフトハンザ 万年赤字航空会社に買収オファー

投稿日:

ルフトハンザ 万年赤字航空会社に買収オファー

コロナ禍で航空機はグラウンデイング。

「飛んでなんぼ。」

の航空機が地上待機すると、航空会社は収入がないのに金がかかるだけ。

経営は一気に悪化した。

政府は雇用を守るため、倒産の危機に見舞われたルフトハンザを部分国有化。

文字通りナショナルキャリアとなった。

そのコロナ禍も終焉。

ルフトハンザは国に借金を返済して、3年振りに年間業績で黒字を達成。

それも大黒字。

余裕ができたルフトハンザは、万年赤字航空会社の買収に乗り出した。

万年赤字航空会社とは?

万年赤字航空会社とは?

万年赤字航空会社とは、

”ITA Airways”

の事。

参照 : ITA Airways

 

日本で言えば日本航空。

タイで言えば、タイ航空。

質問
その心は?

 

「親方日の丸!」

と、ふんぞりかえった態度で営業。

万年赤字。

挙句の果てに経営破綻した航空会社です。

日本政府が日本航空を税金で救ったように、イタリア政府も税金でナショナルキャリアを救った。

もっとも名前は倒産した際の名前

「アリタリア」

を一新して

“ITA Airways”

となった。

ただし!

日本航空と違って、”ITA”と名前が変わっても赤字体質は変わってない。

毎日、150万ユーロもの赤字を出し続けている。

質問
また倒産するの?

 

イタリア政府が株式の100%を保有しているので、イタリア政府が倒産しない限り、倒産はない。

改善しない赤字体質

イタの赤字体質は改善する気配すらない。

イタリアには世界でも成功している企業が多いのに、航空会社の運営となるとマネージメントが全く駄目。

  • コスト管理
  • 危機管理

が全くできていない。

万年赤字なのに、エアバスに28機もの新型航空機を注文。

「家計のやりくりが難しい。」

というのに新車を買うようなもの。

ど素人だって、やりくりが厳しければ、大きなお買い物は控えて切り詰める。

それさえもできないのが、イタだ。

身売り先探し

イタリアは先進国では日本に次ぐ、

「借金大国」

である。

万年赤字の航空会社を今後も、支えていく余裕はない。

そしてちょうど

「始めての女性首相」

の座に就いたメローニ首相は、経済を立て直しかってのムッソリーニのように

「イタリアの救世主」

として崇められたい。

そこで、

「イタを売れ!」

と担当大臣に命令。

まずはAA(アメリカ航空)と身売りの交渉に入った。

が、交渉が決裂した。

ところが

「蓼食う虫も好き好き」

とはよく言ったもので、今度はAF & KLM、それにルフトハンザが身受けに興味を見せた。

なんで?

ルフトハンザの思惑

かっては乗客数で

「世界最大の航空会社」

だったルフトハンザ。

コロナ禍のあおりをうけて、6~7位あたりをうろついている。

今、ルフトハンザが欲しいのは、

「ドル箱路線」

である。

そしてルフトハンザで一番乗客が多いのが、米国からイタリアへ飛ぶ路線なのだ。

そう、本国のドイツよりも、イタリアに飛ぶ乗客の方が多い。

ならばルフトハンザがイタの買収に興味を見せるのも、もっともな事。

ただし!

イタリアの労働市場はがちがちに規制されており、余剰人員の解雇は至難の業。

おまけにイタは国営会社なので、社員は公務員。

公務員はクビにできない!

そんなイタなんぞ買収なんぞしたら、会社の甘い汁を吸っているだけで、

「お荷物」

になっている社員を押し付けられるだけ。

だからかってルフトハンザは、

「ルフトハンザ イタリア」

を立ち上げて、アリタリアに抵抗したことがある。

が、結局、大赤字を出して会社を清算した。

このような経験があるので、ルフトハンザはイタの買収には消極的だった。

ルフトハンザ 万年赤字航空会社に買収オファー

ところがである。

イタを早く手放したいイタリア新政府が、

「イタは民営化する。」

と言い出した。

民営化されれば、余剰社員の

「整理」

が可能になる。

その一方でイタを買収すれば、イタが抱える黒山のような借金は、ルフトハンザの借金になる。

コロナ禍を克服してやっと黒字になったばかりなのに、また借金を負う?

ましてやイタを買収する金はどこから捻出する?

結局は増資になる。

経済アナリストは大方、イタの買収に否定的だった。

にも拘わらず、ルフトハンザのスポーア社長はイタの買収オファーを出した。

山のような借金を抱えた万年赤字の会社なんぞ、

「ただでも高いっ!」

と思うのだが、ルフトハンザは2億~3億ユーロ金を払うと言う。

その株式の40%の取得を条件に。

ルフトハンザは、

「リストラで黒字体質になる。」

と考えているようだが、イタリアの労働組合はマフィアのような存在。

「リストラするならストで対抗だ!」

と、会社が経営破綻するまでストをする。

これが原因でイタリア経済は、日本経済同様に悪化の一途。

果たしてルフトハンザはこの

「イタリア病」

を克服できるだろうか。

かなり苦労することは間違いない。

-ドイツの最新情報, ドイツの経済

執筆者:

nishi

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アーカイブ