ドイツの最新情報 災害・犯罪

ドイツ政府洪水被害者を救済 被害額の80%を補償!!

投稿日:


写真提供 : Von Christophe Licoppe, European Commission – https://audiovisual.ec.europa.eu/en/reportage/P-051584, Attribution, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=107640698

2021年7月、ドイツ西部で集中豪雨が発生した。

48時間時間で271リットル/㎡もの雨が降ると、小さな河川は濁流となり

「あっ」

という間に氾濫、流域にある家屋を飲み込んだ。

あまりに急激に水位が上昇したため、流域の住民の多くは逃げ遅れた(*1)。

洪水の被害はフランス東部(*2)からベルギー東部(*3)に始まり、アルプスまで及んだ。

その中でも一番ひどくやられたのが、ドイツ西部だった(*4)。

ドイツ政府洪水被害者を救済 被害額の80%を補償!!


写真提供 : Von Nachtbold – Eigenes Werk, CC-BY 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=107571655

被災地を訪れた政治家は救済を約束した。

ドイツでも政治家の約束は守られないことが多いが、2か月後に行われる総選挙が被災地に味方した。

ドイツ政府は300億ユーロの再興基金 / Aufbaufond を、洪水被害者救済のために設けると閣議決定。

なんと驚くなかれ、被災者には被災した財産の80%が補償される。

一億円の価値がある家を持っていた人には、8000万円がタックスフリーで支払われる!

保険に入っていた被災者には、

「被災で儲けがでないように」

被災額の100%までの補償となる。

日本では東北大震災の被災者が10年以上経っているのに、家を無くした住人は未だにプレハブ暮らし(*5)。

なんという気前のいい救済措置だろう!

この再興基金は、すでに国会でも承認された。

あとは支払うだけ。

こんなに早く政治家の約束が守られたことは珍しい。

しかしそれには勿論、訳があった。

神風 エルベ洪水!

2002年夏、時のシュレーダー政権は勝つ見込みの薄い選挙戦に突入していた。

(故)コール首相からドイツ統一の負の遺産(*6)を継いだシュレーダー政権、

「切り札」

に欠けて失業率はうなぎ登り。

一方、国家財政は大赤字。

ドイツは出口のない大不況のど真ん中にあった。

当然、国民の不満も高くシュレーダー政権は二期目を迎えることなく、政権を明け渡しそうだった。

ここで神風が吹いた。

2002年8月、東ドイツ(*7)を流れるエルベ河畔で大洪水が発生した。

参照 : wdr.de

 

シュレーダー首相はゴム製の長靴を履いて被災地に入ると(*8)、被災者と握手、

「国が面倒を見るから。」

と支援を約束した。

対立候補のシュトイバー氏も

「負けてはならぬ。」

と被災地に入ったが、野党だったので国の支援を約束できなかった。

これに加えてシュトイバー氏は、菅首相のように口下手。

機智と弁才に長けたシュレーダー氏と比較されて、大きく引けを取った。

こうしてエルベ洪水が転換点となり、シュレーダー政権の人気が回復した。

総選挙でも勝利して、

「もう失うものは何もない。」

シュレーダー政権は社会保障制度の大改革

“Agenda 2010”

を打ち出した。

これが今日まで続く

「ドイツ一人勝ち」

の経済基盤を築いた。

2002年の教訓

メルケル首相はシュトイバー氏の敗退後、女性として初めてCDUの首相候補に指名された。

2005年、口下手なメルケル女史はぱっとしない選挙戦を展開した。

しかしシュレーダー政権が導入した

“Agenda 2010”

は国民の大反発を買い、

「人気のない2候補の争い。」

となった。

蓋を開けてみるとメルケル候補が、

「わずか4議席」

の差で勝利した。

そのメルケル首相が

「2002年の教訓」

を忘れる筈もなく、被災地を訪れて被災者の声を聴いた(*9)。

しかし今回の首相候補はメルケル首相ではなく、ラシェット氏である。

そのラシェット氏、被災地で

「大笑い」

している光景が全国版で報道されて人気が地に落ちた。

SPD 対立候補ショルツ氏 仏頂面で人気上昇中!

ラシェット氏の対立候補は、SPDのショルツ氏だ。

氏はハンブルク出身なので、生来の仏頂面。

全然笑わない。

テレビで

「好きな事」

を聞かれ、

「お湯が沸くのを見ているのが楽しい。」

と真顔で言うほどの、オタクで全く表情がない。

だから被災地を訪れても

「失笑」

することなく、仏頂面で被災者の声を聴く。

これが効いた。

去年まで10%台まで落ちていたSPD支持率は、27%まで回復した。

一方、快適に30%を超えていたCDU(ラシェット氏)への支持率は25%に落ち込んだ。

ここ10数年で、SPDの支持率がCDU/CSUを超えたのは今回が始めてだ。

 

再興基金の手柄独り占め

かって総選挙で敗退したCSU党首のシュトイバー氏と、SPDの首相候補のショルツ氏には、大きな違いがある。

それはシュトイバー氏は野党であったこと。

この為、

「国が面倒を見るから。」

というカードを切れなかった。

一方、ショルツ氏は連立政権を担当する政権の財務大臣。

氏には、

「国のカード」

を切れる強みがあった。

実際、再興基金が閣議決定されると、その金を出す財務大臣のショルツ氏は、

「被災者を素早く救済することが欠かせない。」

と、その手柄を独り占め。

ドイツの総選挙まであと2週間。

今回も神風が吹く?

注釈

*1         とりわけ被害が大きかったのが”Ahr”川の河畔にあった”Ahrweiler”という街。

上流ですでに洪水が発生していたのに、市が住民への警告を怠り多くの死者が出ることとなった。

*2       アルザス地方も被害甚大

*3       第二次大戦中のドイツ軍最後の反抗バルジ作戦で知られるベルギー東部(マルメデイー周辺)

*4       死者・行方不明者は250名を超えた。

*5       我々が支払った復興税は、政府が公示した公共工事に消えた。何故、被災者を助けない?

*6       東ドイツマルクを西ドイツマルクと1:1で交換したので、大インフレになった。

*7       ポーランドの被害も大きかった。

*8       CDU首相候補のラシェット氏は革靴で被災地を訪問。自身の靴が汚れないように、乾いた場所だけ歩いた。

*9        国内テロでドイツ国民が殺されても、メルケル首相は現場を一度も訪問しなかった。

-ドイツの最新情報, 災害・犯罪

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

ブレキシット / Brexit 最終章 ジョンソン首相の最後のブラッフ

ブレキシット / Brexit 最終章 ジョンソン首相の最後のブラッフ

ボリス ジョンソン首相へのメッセージ 2016年の国民投票で決まったブレキシット / Brexit 。いよいよ佳境に迫ってきた。 2020年12月31日にイギリスはEUを正式に離脱する。その際、離脱合 …

【検証】 マイナス金利は効果があったのか?

【検証】 マイナス金利は効果があったのか?

欧州中央銀行は金融危機、とりわけユーロ危機でユーロを救った。 その手柄は否定のしようがないが、その代償は高かった。その代償のひとつとして導入されたのが、マイナス金利だった。 欧州中央銀行 マイナス金利 …

安すぎる牛乳価格 - 牛乳生産量調整制度 廃止

安すぎる牛乳価格 – 牛乳生産量調整制度 廃止

安すぎる牛乳価格 1リットル46セント!でしたが最近は65セントまで回復 牛乳生産量調整制度 廃止 去年まで欧州では牛乳生産量調整制度、”Milchquote”が導入されていた …

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か? ドイツ第二の規模を誇る(格安)航空会社 エア ベルリンの倒産がますます近づいてきた。 もう語られることはないだろうから、エア ベルリンの歴史を振り返ってから、現 …

仏 PSA プジョー 万年赤字の独オペルを買収す!

仏 PSA プジョー 万年赤字の独オペルを買収す!

Salut, Opel! オペル さようなら! GMとオペル ドイツの自動車メーカーなのに、 「えっ、ドイツ車だったの?」 と日本でも認知度の低いオペル。滅茶苦茶なコストカットで品質が悪化、売り上げが …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう