ドイツの達人になる 詐欺、盗難

ドイツでも被害拡大中 粗大ごみ詐欺団にご用心!

投稿日:

ドイツでも被害拡大中 粗大ごみ詐欺団にご用心!

最近、ドイツで流行っている詐欺がある。

それは

“Sperrmüllmafia”(粗大ごみマフィア)

と呼ばれている犯罪(組織)です。

もっともドイツでは組織犯罪をすべて、

“Mafia”(マフィア)

と呼ぶので、

「本当のマフィア」

ではありません。

正確には

「粗大ごみ詐欺団」

と言った方が近い。

被害拡大中で、

「気をつけて!」

と警告されていますが、そこは日本人。

「へっ?聞いてないよ!」

という方も多いので、紹介しておきます。

詐欺(師)はゴキブリ

詐欺(師)はゴキブリ

詐欺(師)はゴキブリのような存在。

質問
なんで?

 

何処にでも居ます。

もっともタイのゴキブリは、超~デカいけど。

数も半端ない。

質問
どっちの話?

 

詐欺師とゴキブリ、その両方です。

面白いのはその習性。

ドイツでも日本でも、詐欺の手口が酷似。

まさか日本の詐欺師がドイツの詐欺を勉強して、

「これがドイツで流行っている手口か!じゃ、日本でも!」

と、他の詐欺師の手管を勉強しているわけではない。

なのに日本とドイツで同じ詐欺の方法を考案するのは、まさにゴキブリ並みの生命力の強さ。

粗大ごみ詐欺団の手口は?

粗大ごみ詐欺に関しても、同じことが言えます。

ここ名古屋でも、粗大ごみ詐欺団が暗躍しています。

「不要になった家電・家具などありましたら、、。」

と軽トラが宣伝しながら、住宅街を

「鴨」

を探して巡回している。

この詐欺師に、

「不要になったソファーを、、。」

と頼むと、法外な料金を課されるという簡単な詐欺。

理解できないのは、

「15万円です。」

と新しいソファーが買えるような料金をふっかけれても、払ってしまう人。

なんで?

ドイツの粗大ごみ詐欺団の手管

ドイツの粗大ごみ詐欺団の手口は、ちょっと異なります。

ドイツには軽トラなんてないですからね。

加えて宣伝車なんぞ走らせると、鴨を見つける前に警察に捕まります。

質問
じゃ、どうやって集客するの?

 

主にネットやイエローページなどでの宣伝です。

というのも、粗大ゴミが出たらまずは検索しますよね。

年齢層が上がると、何処の家庭にもある

“Gelbeseiten”(イエローページ)

で粗大ごみの回収業者を探します。

そこでネットとイエローページに宣伝を出せば、

「鴨は寝て待て。」

です。

粗大ゴミ詐欺団とは知らず、

「幾ら?」

と聞く電話がかかってきます。

でもその価格は詐欺なのに、

「1㎥で35ユーロです。」

と普通の値段。

「なんだ、詐欺じゃないじゃん!」

と回収を依頼。

実際に荷物を回収してもらうと、

「350ユーロです。」

という手口です。

対抗策

粗大ゴミ詐欺団の対抗策は、簡単。

その場ですぐ警察に電話、

「粗大ゴミ詐欺団に脅されています。」

と言うだけ。

ただ、ドイツの警察は遅い。

早くても20分かかります。

そこで、

「そんな大金を払うなら、もっと出したい。」

とか言って、アパートに戻って鍵を閉めちゃいましょう。

その前にこっそり詐欺師の顔と車のナンバーを撮影、警察が来たら、

「コイツに法外な要求を迫られた。」

と証拠写真を提出して

“Anzeige”

を出すだけ。

あとは警察がちゃんと証拠を固めた上で、逮捕してくれます。

そもそも粗大ゴミは無料!

知ってました?

そもそもドイツでは粗大ゴミは無料です。

正確に言えば、あなたが払っている税金に

「粗大ゴミ回収 & 焼却代金」

が含まれています。

お金を払っているんだから、出さないのは損。

質問
どうやるの?

 

あなたの住んでいる街の名前+”Sperrmüll”で、ググるだけ。

デユッセルドルフなら、こう。

これが市の粗大ゴミ回収センターです。

あとはそこで次回の回収日を調べて、

「私も出します。」

と申告するだけ。

日本よりも便利でしょ?

-ドイツの達人になる, 詐欺、盗難

執筆者:

nishi

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アーカイブ