生活 雨にも負けず

Nuro光 は本当に早いのか それとも宣伝ギャグ?

投稿日:2023年12月30日 更新日:

Nuro光は本当に早いのか それとも宣伝ギャグ?

日本国民1億人の悩みが遅いインターネット。

「私は違う」

という人だって、過去悩んだことは間違いなし。

そこで今回は

「人柱」

になる覚悟で

「Nuro光」

に申し込んでみました。

果たして吉とでるか凶と出るか?

それは読んでのお楽しみ。

何故、インターネット回線は遅い?

私はアパート住まいなので、ここで書くことはすべて

「アパートでのインターネット環境」

関する内容です。

そもそも日本はドイツと違って、全国津々浦々まで

「光ファイバー」

が巡らされている珍しい国。

なのに何でインターネットがこんなに遅いのか?

それはプロバイダーの販売戦略のせい。

各プロバイダーが独自の回線を持っているわけじゃない。

アパートに来ている光回線は

「一本」

だけ。

その光回線の使用量をプロバイダーがNTTにレンタルして、消費者に販売しているわけです。

走行距離が長いとレンタカー料金が高くなるように、光回線も使用量が増えるとレンタル料が高い。

そこでプロバイダーは、

「最高1Gbpsまでの超高速回線!」

として消費者を騙して契約取ると、消費量が増えないように速度を落とします。

だから遅いんです。

アパートの場合はプロバイダー各社が、

「このアパートは最高〇〇Mbpsまで。」

と決めて分配器を設置。

どうやっても

「最高1Gbps」

なんで出るわけないのに、

「最高1Gbpsまでの超高速回線!」

と宣伝。

ただの水を

「健康回復の源!」

と販売するのと同じ、景品法事法違反です。

料金が安いほど遅い!

時々、

「激安なのに、早い光回線」

を歌っているプロバイダーがありますよね。

100%嘘です。

速度を上げると

「データ使用量」

が増え、プロバイダーは多額のレンタル料を払う羽目に。

これでは儲からない。

だからインターネットは料金が安いほど、遅いです。

高いインターネット回線は他社よりも多いデータ使用量を想定しているので、高いんです。

 

又、マンションの場合、プロバイダーがマンション内でどんな回線工事をしているかにもよります。

私が住むUR団地では、NTT系列が一番容量を多く取ってました。

これがソフトバンクになると激減。

この為、UR団地に住んでるなら

「NTT系列」

が一番早い。

いや、

「遅い中では一番早い。」

と言うべきか。

Nuro光とは

Nuro光はちょっと

「競合他社」

とは異なる事情があります。

ソニー(Nuro)はNTTが敷設したものの、

「使ってない光回線」

に目をつけてこれを

「ごっそり」

とレンタルしたんです。

一種の

「独自回線」

の為、Nuroはデータ使用量を気にせずに、光回線を運用できます。

ですから早い速度を提供できるわけです。

参照 : Nuro

建前と本音

ここまでは建前。

人生と同じく、

「そんなにうまい話」

があるわけなし。

ソニーだって

「慈善事業」

ではなく

「金儲け」

の為に、インターネットビジネスに進出したんです。

だから当然、アクセス(速度)も制限されています。

「Nuroなら10GB!」

は宣伝ギャグです。

なんでNuro光は評判が悪い?

実は2年前から

「Nuro光」

への乗り換えを検討。

が、Nuro光はネットで評判が滅茶苦茶悪い。

主な理由は

「パケットロス」

です。

これは簡単に言うと、ネットが途切れる現象。

数多い苦情の中には、法人からの苦情も。

あまりにも苦情が多いので、当時は乗り換えを辞めました。

実はこれが正解。

「Nuro光のパケットロス」

の最高潮は2022年。

Nuro光に限らず、日本企業の悪いところは、

「都合の悪い所は隠す」

という慣習。

オリンパス、東芝、東洋タイヤ、ダイハツ & 豊田などなど、有名企業でも快挙に暇がない。

ちゃんと悪いことを告白して、

「ここをこう直したので、もう安心です。」

とコミュニケーションしてくれれば、まだ信用できる(かもしれない)。

が、Nuro光は一切、コミュニケーションせず。

これじゃ危なくて申し込めない。

Nuro光に申し込んでみた

Nuro光に申し込んでみた

にも拘わらず、11月初旬、Nuro光に申し込みました。

ネットで

「UR団地でNuro光を導入してみた。」

という記事を見たから。

そこでは

「嘘!」

ようなスピードが出ていたんです。

加えて10月から始まった

「他社の違約金還元制度」

も背中を押しました

これで費用を心配することなく、

「OCN光」

とおさらばできます。

Nuro光 看板に偽りあり!

看板に偽りあり!

私が申し込んだ当日、Nuro光のホームページには、

「4万3000円キャッシュバック」

とありましたが、私の申し込みには適用されませんでした。

加えて

「他社の違約金還元制度」

も適用されず。

お申込み画面で出てきたのは、コレ。

と思ったら、これも違ってた。

Nuro光は戸建て、マンション、マンションの部屋数で細かく料金を細分化しています。

この為、あなたにはどのキャンペーンが提供されるか、これは申し込みするまでわかりません。

私のアパートでは

「3万円のキャッシュバック」

でした。

さらに!

私のアパートでは2年契約は不可。

3年契約だけです。

なんか

「騙された気分」

になりましたが、そのまま決行。

3万円でもOCNに違約金を払えるので。

待て!

ネットでNuro光に申し込むと、こんな画面が出ます。

要点は

「こちらから連絡するので、問い合わせなんぞしないで待て!」

という事です。

なんかとってもドイツ風。

ちなみに申し込み後、メールでの

「お申込みの確認」

さえも届きません。

この画面だけ。

なのでちゃんとダウンロードして保管しておきましょう。

で、

「連絡を待て!」

というので、あみんのように

待ちました。

5週間目に初めて

「お客様アンケート」

というメールが届きました。

「Nuro光の満足度は?」

という設問には、

「5週間経っても回線工事の連絡すらない。超~最低!」

と回答。

申し込みから5週間と5日後、

「回線工事のお知らせ」

というハガキが届きました。

ドイツ並みの仕事の遅さです。

そこには

「7日以内に工事の予約を取らないと、申し込みはキャンセルします。」

と書かれています。

ほぼ6週間無視しておいて、よく言うよね~。

で、そこに書かれた電話番号に電話すると、

「ただ今、回線は大変込み合っております。」

で全然繋ながらない。

ふざけてるにもほどがある!

一番欲しい

「新規の客」

の扱いがこれ。

これが、

「すでに客」

だったら、さらにひどい扱いになるのは間違いない。

どうする?

本当に申し込む?

回線工事

回線工事ここで、

「やぱり辞めますた。」

ではお話にならないで、辛抱強く電話。

やっとつながると、

「最速の空きは12月24日です。」

との事。

おおクリスマスじゃないか!

流石、仏教国!

お姉さん曰く、

「ネットはその日に開通します。」

だって~。

Nuro光は二度工事が必要じゃなかったの?

どうもマンションタイプは、一回の工事で済むようです。

でも工事費用は変わらず4万円。

高いっ!

工事の日。

技師のお兄さんが、

「このマンションには工事ができない。」

と言います。

「へっ?」

なんでも

「インターフォンが邪魔してて、回線工事ができない。」

との事。

もし、

「取り外し工事でインターフォンが壊れたら、あなたの責任です。」

と、無茶苦茶な事を言います。

「6週間も待ったんだから、工事に来る前に言えよ!」

と言わずに、

「インターフォンって、そんなにすぐ壊れんでしょ。」

と取り外し工事決行。

すんなり外れました。

1時間ほどで工事完了。

技師のお兄さん曰く、

「よかったですね!」

だって~。

かなり微妙な気分。

Nuro光 開通!

Nuro光 開通!

申し込みから8週間かかりましたが、Nuro光開通しました。

Nuro光から提供される機器は

  • 小さい箱
  • 大きい箱

のふたつ。

デカイお弁当箱は、モデム兼ルーターです。

日本では

“ONU”

と呼ばれているようです。

小さい箱は、

「光電話用」

だと思われます。

インターネットだけなら、

「大きな箱」

さえ電源を入れれば使えます。

Nuro光 は本当に早いのか それとも宣伝ギャグ?

では皆さん、お待ちかねの速度計測です。

速度計測に使用するのは、このサイト。

一番、信用できます。

まずはOCN光/5Gh/Wi-Fiで計測。

これまでの最速が

130Mbpsでした。

次はNuro光。

ドキドキしますね~。

5GH/Wi-Fiだと、、

Nuro光 Wi-Fi 5GH速度

251Mbps逝きました。

最速で。

何度やってもこれ以上は速度出ず。

混雑時には

207Mbpsまで落ちます。

さらに!

2.4Gh/Wi-Fiだと

74Mbps。

これはちと遅い。

次はケーブルで繋いでIPV6速度計測です。

まずはOCN。

過去5年間のMAXは、

283Mbpsでした。

毎日、このくらい出ると不満なし。

が、混雑すると

162Mbpsまで落ちます。

過去最悪は110~120Mbpsでした。

これが不満。

ではNuro光の出番です。

ケーブル/IPV6接続すると、

483Mbps。

早い。

ネットで見たNuro光は、これより全然早かったです。

が、名古屋のUR団地ではこの数値です。

個人的にはそれでも満足。

まとめます。

Nuro光にするとネット速度は倍増します。

宣伝ギャグではなかったです。

ルーターガチャ ONU SG200W

ルーターガチャ ONU SG200W

ネット速度を左右するのが、ONUの性能です。

Nuro光では技師のお兄さんが、ONUを持参してきます。

選択不可能なのでガチャです。

我が家に届いたSG200Wは、あまり性能がよくない。

4年前に購入したNECのルーターを

中継器としてSW200Wに接続して使うと、5GH/Wi-Fiで

280Mbps出ます。

SG200Wよりも1割早い。

この為、SG200Wは

「4年以上前の型」

だと思われます。

又、使い勝手も悪いです。

WLANのオンオフボタン、操作しにくい。

無駄にデカイだけ。

もっともNuro光は

「もっと早いONU」

を用意しています。

これを使用するには

「Nuro光スマートライフ」

を500円/月で追加購入すると、もっと早くなります。

が、個人的にはWi-Fiで200Mbpsdでれば満足。

2.4GHの70Mbpsはちと遅いが、それでも仕事をするのは十分な環境。

ネットに繋がるまでにかかる時間

技師のお兄さん曰く、

「電源を入れてWi-Fiの電波が飛ぶまで、5分以上かかります。」

との事。

マジ?

超~遅いじゃん!

実際は電源を入れると1分経たないでネットに繋がります

Wi-Fi電波が飛ぶには2分半。

この点はNTT & NECのルーターよりも優秀。

サポートデスクは使えない

ここまで読んで、

「私も申し込みしようかな?」

と思われた方に警告です。

Nuro光は人件費を削減するために、スタッフの数を大幅にカット。

結果、

「申し込みたい!」

という電話さえ

「只今、大変込み合っております。」

で繋がらない状況です。

お陰で申し込みから8週間経っているのに、

「契約書」

も届いてません。

光電話を一緒に注文したのに、

「自分の電話番号がわからない。」

という始末。

そこでNuro光のサポートデスクに問い合わせると、

「契約書を郵送しますが、2週間ほどかかります。」

という返事。

催促しないと、そもそも契約書を送らないの?

「2週間も電話が使えないと不便だから、番号だけでも教えて。」

と頼むと、

「個人情報保護の為、できません。ご了承ください。」

という返事。

誰も、

「山口百恵の電話番号を教えろ!」

と言ってるわけじゃない。

自分の電話番号です。

「自分の個人情報の取り扱いは、自分で決めます。」

とNuro光のサポートデスクに伝えると、

「個人情報保護の為、できません。ご了承ください。」

という返事。

「なんで自分の電話番号を聞くのが、個人情報保護に抵触するの?」

とNuro光のサポートデスクに問い合わせると、

「個人情報保護の為、できません。ご了承ください。」

という返事。

お前は官房長官か!

トラブルになっても、Nuro光のサポートデスクには助けてもらえません

そもそもスタッフに

「助けよう!」

という気概がなく、

問い合わせを処理するだけ。

 

ドイツ人と同じ対応。

そもそも申し込みから

「ほぼ6週間」

経たないと、回線工事の手紙を送らないような会社に申し込む方が悪い。

こうなるのは見えていた。

Nuro光 費用

最後にいい事も書いておきます。

これまでOCNに払ってきた費用は4513円/月。

Nuro光だと、

Nuro光 請求額

この同じ金額です。

この為、速度と費用だけ見ると

「お得感」

がある事は否めない。

ただOCNに尋ねたいときは

「無料のお問い合わせ電話番号」

があり、担当者に電話が通じました。

そして担当者は、ちゃんと聞きたいことに回答してくれました。

Nuro光の

「サポートデスク」

への電話は有料です。

なのに回線が一杯で通じない。

ドイツの会社がよくやる

「客を有料回線で永遠に待たせてお金を稼ぐ。」

方法です。

運よく電話が担当者に通じても、聞きたいことには答えてくれない。

トラブルがなければ使えるが、トラブったら血圧あがる。

Nuro光 開通後のトラブル

Nuro光 ルーター

Nuro光開通後、2ヶ月ほどで最初のトラブルが発生。

モデム兼Wi-Fiルーターの

”SG200W”

が故障しました。

Wi-Fi電波が飛ばないんです。

ルーターの横にある

「Wi-Fiオンオフボタン」

を長時間押すと、電波が飛び始めます。

でも電源を切ると、

「設定の変更」

が記憶されず、またオフのまま。

工場出荷状態に戻すも、改善せず。

正式に図っていませんが、ネット速度も落ちました。

Youtubeが度々、フリーズします。

Nuroサポートデスクに電話すると血圧があがるので、メールで問い合わせ。

故障具合を伝えると、

「交換します。」

という運びに。

交換までに10日ほどかかります。

届いたのは故障したのと同じモデル。

だと思ったら、

“SGP200W”

とある。

“P”が加わり微妙に

「アップグレード」

されてます。

“SG200W”だと

「たったの5桁」

だったパスワードが、

“SGP200W”では8桁にアップグレード。

こちらの方が断然、安全です。

回線工事の際に届けられるモデム兼Wi-Fiルーターは、初期モデルです。

なにか理由をつけて、さっさと交換してもらいましょう。

-生活, 雨にも負けず

執筆者:

nishi

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アーカイブ