お買い物 趣味 雨にも負けず

AI AF Nikkor 60mm f/2.8D ニコンの多目的レンズは買い?

投稿日:

AI AF Nikkor 60mm f/2.8D ニコンの多目的レンズは買い?

今日はニコンの多目的レンズ、AI AF Nikkor 60mm f/2.8Dです。

「ニコンユーザーが持たなければならないレンズ10選」

にも数えられる名レンズです。

海外では評価が高く、結構、お高い。

なのに日本では評価されず、

「マジ!?」

と思うほど滅茶苦茶安いっ!

お安く手に入れたので、AI AF Nikkor 60mm f/2.8Dの写り具合を紹介します。

ニコンの多目的レンズ AI AF Nikkor 60mm f/2.8D

AI AF Nikkor 60mm f/2.8D

表題では省略しましたが正式名称は

”AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D”

です。

“Micro”

という文字が入ります。

そう、俗に言う、マクロレンズです。

質問
なんで多目的レンズなの?

 

それは、

  • マクロ
  • ポートレート
  • 風景

の撮影に使えるからです。

少なくてもそう言われています。

それは本当かどうか、検証したいと思います。

第一印象

意外。

オートフォーカスが早いよ!

てっきり

「遅いんだろうな。」

と覚悟していたので、嬉しいご誤解。

全部金属製なので、小ぶりながら440グラム。

手に、

「づっしり」

くる重みがある!

レンズフードがなかったので、1000円で別途購入。

もっともこのマクロレンズは、

「凹みレンズ」

です。

レンズの奥(お尻)にレンズが詰まっているタイプ。

レンズフードは不要でした。

ちゃんちゃん。

風景編

まずは風景を撮影して、

「本当にシャープなのか?」

検証したいと思います。

レンズが届いたのは夕方だったので、バルコニーから撮影。

ISO 250 F8 で撮影。

結構、シャープに見えるんだけど?

中心部を100%拡大。

橋の欄干までくっきり。

パソコンの画面で見ると、橋を歩いている人のマスクまではっきりくっきり!

「風景をシャープに撮れる。」

という噂は本当だったようです。

このマクロレンズをつけて、熱田神宮を散策。

ISO400 F6.3。

ピントは船の旗に合わせました。

キレキレですね~。

熱田駅前のシャッター街。

ISO320 F3,5。

今はもう営業していない

「神宮串カツ」

の文字やバス停の

「熱田区役所」

がくっきり。

なかなか写りがいいぞ。

マクロ撮影

お次はドイツ人の言う、

“Paradedisziplin”(一番得意な課題)

である

「マクロ撮影」

を見ていきましょう。

まずは定番から

ISO 400 F3,2

ボケ味もなかなかよろしい。

こちらも神社撮影の定番、

背景が綺麗にボケてますね~。

この

「ボケ具合」

は持っているレンズの中でも最高!

では接写は?

カシオの腕時計が20年振りに壊れたので、新調。

勿論、カシオ。

30枚くらい撮影して、手振れしてなかったのは、1枚だけ。

手振れ補正に慣れてて、ぶれない写真を撮るのが難しい。

AI AF Nikkor 60mm f/2.8D ニコンの多目的レンズは買い?

AI AF Nikkor 60mm f/2.8D ニコンの多目的レンズは買い?

勿論、買いでしょう。

これだけしっかり撮れるレンズなのに、送料込みで1万6000円でした。

新品価格は7万1000円だよ!

これまで買ったレンズで最安値。

だと思ったら、

「お高い買い物」

だったかも?

ネットオークションで探せば、5000円からあるよ!

もっとも、

「極上品」

と書いているのに、

「小さなカビがあります。」

というふざけた描写が。

あまり安いレンズは避けて、

「せめて1万円」

は出した方が確実。

-お買い物, 趣味, 雨にも負けず

執筆者:

nishi

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アーカイブ