ドイツの政治 ドイツの最新情報

CDU ハーゼルロォッフ ザクセンアンハルト州選挙を制す

投稿日:

CDU ハーゼルロォッフ ザクセンアンハルト州選挙を制す

6月6日、東ドイツのザクセンーアンハルト州(*1)で州選挙があった。

今年の9月には総選挙があるが、その前に行われる最後の地方選挙。

総選挙の行方を占う

「前哨戦」

として、大いに注目された。

ここで勝った党は総選挙でも追い風を期待できる。

一方、敗北した党は敗因を分析して、総選挙に向けたスローガンを考え直す必要がある。

そこで今回はザクセンーアンハルト州の地方選挙の結果を要因を分析してみたい。

CDU ハーゼルロォッフ ザクセンアンハルト州選挙を制す

選挙前の世論調査では、極右政党AfDが好調で、

「与党CDUを抜いて第一党になるか?」

と、心配された。

しかしいざ

「ふたを開けてみる」

と、ハーゼルロォッフ州知事の率いるCDUが、二位以下に大差をつけて圧勝した。

抜粋元 : tagesschau.de

先回の得票率の29.1%と比べても、今回の37,1%の得票率は大きな躍進だった。

世論調査では

「CDUと拮抗している。」

と言われた極右政党Afdは先回の得票率、24.3%を更新することはできず、20.8%の得票率に留まった。

この原因は何処にあるのだろう?

日本のテレビ局は、

「政府のコロナ対策が認められた結果。」

と主張していた。(*2)

しかし統計によると、政府のコロナ対策に満足しているのは、わずか19%に過ぎない。

抜粋元 : de.statista.com

ハーゼルロォッフ州知事率いるCDUが圧勝した本当の理由は、他の所にある。

Afd 狙いを外す

ハーゼルロォッフ州知事が勝利した理由は三つある。

その要因はのひとつは、AfDが的外れな選挙戦を展開したことにある。

東ドイツには陰謀説を信じている人が多い。

「コロナは、国民に有害なワクチンを接種させるための政府の嘘。」

というものだ。

この説を信じている国民は西ドイツににもいるが、その

「頻度」

では、東ドイツの比ではない。

そこでAfDはこの陰謀説を信じる層に向けて、

「政府のコロナ政策はデマだ!」

と、選挙戦を展開した。

しかし幾ら東ドイツでも陰謀説を信じる国民の割合は、5%前後。

選挙運動のテーマを狭い支持層に絞り過ぎた。

CDU の巧みな選挙戦

一方、CDUは巧みな選挙戦を展開した。

CDUは州知事のハーゼルロォッフ氏が、国民に人気のある事を知って、選挙戦の重点を年金問題、家賃高騰、コロナでもなく、ハーゼルロォッフォ氏に集約した。

選挙の看板のメッセージも

「ハーゼルロォッフ」

に集約した。

これが成功した。

コロナ禍で不安を抱える国民は(*3)、これまで度々、スキャンダルでお茶の間を賑わしているAfDよりも、安定性=ハーゼルロォッフを優先した。

コロナ規制の緩和

陰謀説家の多い東ドイツでは、とりわけコロナの感染率が高かった。

しかしワクチン接種の進捗により、ザクセンーアンハルト州でも感染率が35を割り、次第にコロナ規制が緩和されてきた。

とりわけ6月の夏ような天気の中、7か月振りに営業を再開したカフェやビアガーデンに殺到した。

半年以上も辛抱して自由を取り戻した市民に、

「コロナは政府のデマ!」

と訴えるAfDのスローガンは届かなかった。

緑の党 敗北

9月の総選挙で、

「初の緑の党の首相誕生か?」

と盛んに語られている。

当然、各党も選挙運動を

「緑の党潰し」

に絞ってきた。

それほど波に乗る緑の党だが、ここザクセンーアンハルト州ではわずか5.9%の得票率に留まった。

「東ドイツでは、緑の党は人気がない。」

という根本的な問題に加えて、ザクセンーアンハルト州の緑の党支部長が、

「ぱっとしなかった。」

結果、最下位の6位に留まった。

SPD / 社会民主党 無意味な存在

かってはCDUと世代交代しながら首相を輩出してきたSPD / 社会民主党。

90年代のSPDシュレーダー政権による社会福祉の大改造以来、支持率の落下が止まらない。

先回はかろうじて二桁の得票率を確保したが、今回は8.4%。

歴史上最悪の得票率だ。

ザクセンーアンハルト州SPDの筆頭候補は、最悪の選挙結果を目にしてテレビカメラの前で泣き崩れた。

哀れ。

左翼政党 支持率をさらに落とす

かってはCDUと一騎打ちの戦をしていた東ドイツの左翼政党。

首脳部内での権力争いの結果、国民に支持のあった政治家が要職から辞任。

以来、左翼政党は古い旧ソビエトのドグマの博物館と化した。

党の方針に従わない党員を冷遇したために、党内の改革が行われないまま。

官僚政治家がトップに君臨して、過去の遺産の管理に終始している。

今後も得票率を落としていくだろう。

ザクセンーアンハルト州 連合政権の可能性

現在、ザクセンーアンハルト州ではCDU ハーゼルロォッフ氏が、SPD、それに緑の党を連合政権を組んでいる。

SPDが得票率を落としたが、それ以上の票をCDUが獲得したので、今後も同じ連合政権は可能だ。

とりわけSPDの選挙結果が悪いので、CDUはより多くの役職を占めることができて都合がいい。

しかし緑の党は得票率が低いのに、環境問題でうるさい。

そこで緑の党も代わりに、州議会に復帰するFDPをパートナーにすることもできる。

結局はCDUの支部長で選挙に勝利したハーゼルロォッフ氏が、

「どちらの候補とウマが合うか。」

で決定されることになるだろう。

注釈

*1

ザクセン州の「上」にある州。州都はマグデブルク。広大な州なのに、人口は210万人。

*2

日本のメデイアは、「○○が勝った。」で済ませておけばいいのに、分析・解析を必ずつける。しかしろくな知識もないのにこれをやるので、結論はいつも見当違いなものになる。

米国の経済ニュース ブルーバークも同じ報道をしていたが、分析・解説は、政治通のドイツ人に任せていた。これが日本のメデイアと外国の(一流)メデイアの報道の質の差だ。

*3

コロナ陰謀説を信じている人を除く

-ドイツの政治, ドイツの最新情報

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

ギガファクトリー VW 電気自動車競走 覇権の鍵

ギガファクトリー VW 電気自動車競走 覇権の鍵

ドイツの車メーカーはすべて(とっくに)、電気自動車攻勢にシフトした。 一番遅かったのはダイムラーだったが、新社長の就任で電気自動車への路線変更が加速した。 電気自動車で痛い失敗の経験があるBMWも乗り …

独仏鉄道同盟 - ジーメンスとアルストーム合併? | Pfadfinder24

独仏鉄道同盟 – ジーメンスとアルストーム合併?

もう3年半も前の話が、ジーメンスと三菱がフランスのAlstomを買収しようと同盟を組んだ。Alstomは日本でも有名な高速電車TGV(現在では名前が変わってAGV)を製造している会社で、日本の日立、川 …

22世紀の社会モデル?- 条件なしの基本給 | Pfadfinder24

22世紀の社会モデル?- 条件なしの基本給

ゴミ箱を漁るドイツ人。 16年前、最後のSPD政権が構造改革を実施した。目的は肥大していた社会保障費を削ること。社会保障費は税込みのお給料として会社が払うで、社会保障費を削減すれば、会社の人件費が下が …

ドイツ人の敵 Nr.1 - 新たな独裁者の誕生 | Pfadfinder24

ドイツ人の敵 Nr.1 – 新たな独裁者の誕生

ドイツとトルコとの関係が悪い。かってなかったほど悪化している。比較が許されるなら、首相と閣僚が靖国神社を訪問した後の中国、韓国関係とほぼ同じくらい悪化している。 ところがトルコと仲がいい日本では、「ド …

【最新版!】ドイツ介護事情 - 外国人看護士大歓迎! | Pfadfinder24

【最新版!】ドイツ介護事情 – 外国人看護士大歓迎!

足りない看護士を輸入せよ! 数年前にここで取り上げたことがあるが、ドイツの病院、介護施設で働く介護士*の数が足らない。それも全然足らない。お陰で二人の看護師が昼間、30~36人もの患者も世話をする羽目 …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう