ドイツの経済

【世界初!】熱分解で 古タイヤ をリサイクル!

投稿日:2021年2月22日 更新日:

【世界初!】熱分解で 古タイヤ をリサイクル!

古タイヤ はお金の山?

毎年、日本だけでも9400万本も出る古タイヤ。

この古タイヤのリサイクル、どうやっているかご存知ですか。

「21世紀の今日、さぞかし素晴らしい技術でリサイクルされているに違いない。」

と思います。が、実際にはタイヤが発明された19世紀から変わらず、古タイヤの大部分は

「リサイクル」

の名の下に燃やされています。

勿論、そのまま燃やすわけでなく細かく裁断して、ボイラーで熱源として燃やされている。

参照 : 住友ゴム

これは厳密に言えばリサイクルではなく、単なる廃物処理。ところがドイツのある会社が、古タイヤを本当にリサイクルする技術を開発した。

【世界初!】熱分解で 古タイヤ をリサイクル!

古タイヤをリサイクルする技術の名前は、熱分解技術 / Thermolyse-Technik。

この技術を用いると、古タイヤを構成している元の物質に還元できる。ケーキを使ってわかりやすく説明すると、熱分解技術を用いれば、ケーキを料理する前の小麦粉、卵、砂糖に分解するという仕組みだ。

古タイヤを元の構成物質に戻すには、まずは古タイヤをシュレッダーにかけて、裁断する。

この過程でタイヤに含まれているワイヤーが取り出されて、屑鉄として製鉄業者に売却される。残った古タイヤの「ぶつ切り」は、コーヒー豆のグラインダーのような機械で、粉にされる。

古タイヤの粉は特許を取っている熱分解炉に加えられる。熱分解炉はおよそ700℃の温度で、二酸化炭素を出さないように古タイヤの粉を「調理」する。

この過程で古タイヤの粉は蒸発して、元の構成物質であるガス、オイル、それにコークスに分解される。ガスは施設内の発電所にパイプラインで送られる。

熱分解施設はここで得られた電気で100%運営できるので、外部のエネルギー源を必要としない。

コークスはタイヤメーカーに売却されて、またタイヤになる。オイルは(現在は)世界最大のケミカル企業 BASFがすべて買い取り、樹皮、薬、化粧品に加工される。

ピュールム イノベーション株式会社

この熱分解技術は、古タイヤを100%リサイクルできる、世界初の技術だ。

この技術を開発したのはドイツの西の果て、サールランド州にあるピュールム イノベーション株式会社 /”Pyrum Innovations AG”。

古タイヤのリサイクルを思いついたパスカス氏は、12年間、この熱分解路の開発に取り組んできた。しかし誰も物になるとは思ってもおらず、資金不足に苦しんだ。

転機が訪れたのはコロナ禍の2020年夏、世界最大のケミカル企業 BASFが、1600万ユーロをピュールム イノベーション株式会社に投資した。

資金面でも大きな転機であったが、それ以上に

「あのBASFが投資した。」

という事実が、一気に会社の信用度を増した。

「古タイヤのリサイクル?」

と斜めに見ていた銀行が、

「金を貸したい。」

と、列を作るようになった。

古タイヤ リサイクル拡張計画

ピュールム イノベーション株式会社(名前が長いので、以降、ピュールムと呼びます)は、今、本社のあるディリンゲンで3000本の古タイヤをリサイクルしている。

年間で7万本ほどの古タイヤの処理能力になるが、ドイツ中に古タイヤが大量に蓄積されており、ドイツに眠る資源をリサイクルするだけで数十年かかってしまう。

欧州全域に視野を広げてみれば、無尽蔵の資源が眠っており、そのポテンシャルは高い。

こうした背景もあり、ピュールムに投資しているケミカル企業 BASFは、欧州全土に50の古タイヤ分解炉の建設を計画している。

まずはその第一歩として、ディリンゲンにさらに二つの熱分解路を設置する。ここで得たノウハウを、欧州全土への拡張に利用したいと考えている。

-ドイツの経済

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

日本の自動車業界 千載一遇のチャンスの到来!

日本の自動車業界 千載一遇のチャンスの到来!

日本の自動車業界 千載一遇のチャンスの到来! ハイブリット(トヨタ)と電気自動車(日産・三菱)で他社に10年の差をつけた日本の自動車メーカー。 このリードを保てるなら、世界に冠たる日本車の時代がやって …

ギガファクトリー VW 電気自動車競走 覇権の鍵

ギガファクトリー VW 電気自動車競走 覇権の鍵

ドイツの車メーカーはすべて(とっくに)、電気自動車攻勢にシフトした。 一番遅かったのはダイムラーだったが、新社長の就任で電気自動車への路線変更が加速した。 電気自動車で痛い失敗の経験があるBMWも乗り …

永遠のライバル ライアン エアー vs. ルフトハンザ | Pfadfinder24

永遠のライバル ライアン エアー vs. ルフトハンザ

ルフトハンザの独占を崩せるか? 去年倒産したドイツ第二の航空会社、エア ベルリンの余波が未だに収まっていない。エア ベルリンが会社更生法の申請をすると、「待ってました。」とばかりにドイツ政府は、エアベ …

A400Mは欠陥機?- エアバスの山積する問題

A400Mは欠陥機?- エアバスの山積する問題

いつも話題を提供してくれるエアバス社(旧EADS)。 今回はここで何度も取り上げているエアバスの軍事輸送機、A400Mの続編だ。この前、ここでこのテーマを取り上げたのが2年前。 参照 : 墜落炎上 「 …

ベルリン新空港 BER 9年遅れで今度は本当に完成?

ベルリン新空港 BER 9年遅れで今度は本当に完成?

ドイツの首都、ベルリンには空港が3つもある。少し前までは7つもあった! これは外国人にとっては頭痛の種で、 「一体、何処着くの?」 に始まって、 「どうやって市内にまで行くの?」 と、悩みが絶えなかっ …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう