ドイツの最新情報 ドイツの経済

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

投稿日:2017年4月23日 更新日:

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?
エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

ドイツ第二の規模を誇る(格安)航空会社 エア ベルリンの倒産がますます近づいてきた。

もう語られることはないだろうから、エア ベルリンの歴史を振り返ってから、現況をお伝えしたい。

エア ベルリン誕生史

日本人は良きも悪しきもハワイが大好き。

ドイツ人にとってのハワイはマヨルカ /”Mallorca”で、毎年400万人を超えるドイツ人がこの地中海の小さな島を訪れている。

ハワイを訪れる日本人は年間600万人を超えるが、日本の人口はドイツの1.5倍。人口比で計算すると、同じ割合になる。

ドイツ人はマヨルカ島に惚れ込むあまり、

「マヨルカ島を買い取って、ドイツの17番目の州にするべきだ。」

と国会議員が言い出したほどだ。もっともスペイン政府からの抗議でこの話は終焉を迎えたが、それほどまでにドイツ人が大好きな島だ。

ドイツで旅行代理店なり、航空会社を運営するなら、マヨルカ島は外せない。そこでちっぽけな会社が飛行機をレンタルして、マヨルカ島へのフライトを飛ばし始めた。

この路線は日本の航空会社のハワイ路線同様に、航空会社にとってドル箱路線。

この小さな航空会社は少ないながらも着実に黒字を出して、次第に航空機の数と路線を増やしていった。これがドイツ第二の航空会社、エア ベルリンの誕生史だ。

ドル箱路線の叩き売り

ところが12月初頭、エアベルリンはこの路線を放棄すると発表した。

参照 : Airliners.de

正確には、先月ここで紹介した”Tuifly”との取引の一環で、

参照 : 欧州最大の旅行会社 Tui Niki を買収か?

マヨルカ島への離発着件を”Tiifly”、および親会社のエチアドに売却する。エア ベルリンはその売却代金として、請求書を払うのに必要な3億ユーロを手中にした。

すでに自社で保有していた航空機をすべて売却した上、今度はドル箱路線の叩き売りが始まった。

どれだけエアベルリンが破産の瀬戸際であえいでいるのか、直接、会社の帳簿をみなくてもよくわかる。

翌週には、ルフトハンザが目の上のたんこぶであり、エア ベルりンの親会社であるエチアド航空と共同運航便を飛ばすと発表した。

参照 : spiegel.de

日本で言えば、全日空と日本航空が共同運航便を飛ばすという事実に、航空業界は大いに戸惑った。一体、ルフトハンザは何が目的で、ライバルのエチアドと同盟を組むことにしたのだろうか。

エア ベルリン親会社の経営方針変更

そうこうするうちに、エア ベルリン親会社 エチアド航空で社長の交代が明らかになった。

新しく社長に就任するのは、倒産するまでスイス航空で働いていたスイス人だ。前社長は万年赤字のアリタリアとエア ベルリンの筆頭株主になることを決定、エチアドに巨額の損益をもたらした。

これが株主であるアラブ首長国連邦のお気に召さず、今回の交代になった。

新しい社長のBaumgartner氏の就任により、これまでのエチアド航空の経営方針の変更が予想されたが、その変更はすぐにやってきた。

2年前、会社の再生を使命としてエア ベルリンの社長に就任したPichler氏は首になり、新しい社長が就任することになった。このニュースが伝わるや否や、エアベルリンの株は一気に20%も急上昇した。

エア ベルリン ルフトハンザへ売却か?

というのも、新しい社長はルフトハンザのマネージャーで、”Germanwings”のミュンヘン支部長であるヴィンケルマン / Winkelmann 氏が就任すると報道されたからだ。

参照 : FAZ

エア ベルリンが航空機を乗務員ごとルフトハンザにリース、ルフトハンザとエチアドとの共同運航便、そして今回は競争相手の会社のマネージャーが、エア ベルリンの社長に就任する。

これが意味するのはただひとつ。エア ベルリンのルフトハンザへの売却だ。

これが原因で、株価は一気に高騰した。その後の報道で、エチアドの新社長はエア ベルリンの社長探しで、ルフトハンザに相談したことが明らかになった。

ルフトハンザはジャーマンウイングスのミュンヘン支部長を薦め、ヴィンケルマン氏も、

「もし駄目だったら、ルフトハンザに戻ってこれるから。」

という保障をもらって、この大任を引き受けた。

格安航空会社の乱立、戦国時代が終わったドイツでは、定期便を飛ばしているドイツの航空会社と言えば、ルフトハンザとエア ベルリンしかない。

そのエア ベルリンがルフトハンザに買収されると、ルフトハンザがドイツの空を文字通り、独占することになる。

通例ではそのような買収は、寡占局が禁止する。しかし禁止すると、エア ベルリンの倒産は避けられず、数千人が職を失う。

このため寡占局は、歯軋りしながらも、この買収を”abwinken”(もういいよ!と手を振る。)と推測された。これでエア ベルリンの長い歴史に終止符が打たれるのか?

エア ベルリン 10ユーロの借金問題

ところがそう簡単には行かない。

エア ベルリンは銀行や投資家に10億ユーロもの借金がある。この借金額はエア ベルリンの資産価値を大きく超える。

ルフトハンザが10億ユーロもの借金を引き継ぐわけもなく、この点でエチアドとルフトハンザの長い交渉になりそうだ。

これを知ってか、急上昇したエアベルリンの株価は、翌日からまた落下に転じている。

-ドイツの最新情報, ドイツの経済

執筆者:

nishi

コメントを残す

関連記事

【検証】 マイナス金利は効果があったのか?

【検証】 マイナス金利は効果があったのか?

欧州中央銀行は金融危機、とりわけユーロ危機でユーロを救った。 その手柄は否定のしようがないが、その代償は高かった。その代償のひとつとして導入されたのが、マイナス金利だった。 欧州中央銀行 マイナス金利 …

ガス価格上限 / Gaspreisdeckel 導入決定! その財源は?

ガス価格上限 / Gaspreisdeckel 導入決定! その財源は?

幸い、原油の価格は少し落ち着いてきた。 が、ガス価格は未だに天井価格。 ドイツ国内ではエネルギー比率の高い企業が、倒産に追い込まれている。 このままでは、 「プーチンが失脚する前に、ドイツの経済が破綻 …

感染防止法 改正 - 危機に弱い連邦制度の弱点露出

感染防止法 改正 – 危機に弱い連邦制度の弱点露出

ドイツではコロナが蔓延する前の2000年、国会にて、 「疫病が蔓延した場合の国の権限と休業等の保障」 を議論、感染防止法 /”Infektionsschutzgesetz”が成 …

クレジットスイス バーゲン価格で買収される!

クレジットスイス バーゲン価格で買収される!

急激な金利の上昇で資金繰りが難しくなり、米国で二銀行が倒産した。 するとFRB(連邦銀行)が銀行の救済計画を素早く立案して発表。 一時は 「これで一件落着か?」 と思われた。 ところが無神経な一人の発 …

電気自動車購入奨励金 第二弾 – 今度はヒット?

まだ覚えている方がいるだろうか。ドイツ政府は3年前、電気自動車の分野で「世界のリーダーになる。」と宣言、これを可能にするために電気自動車購入奨励金を導入した。 「奨励金が空になったらおしまいですよ。」 …

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう